Georgeさんのぐうたら日記


by yujigeorge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

音楽
ワンにゃん
美味い物
SPORTS
雑感
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

フォロー中のブログ

借金君の「くう・ねる・あそぶ」
回遊魚系ツーリストのハワ...

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:旅( 249 )

NYCの予習 (2)

先ほどANAマイレージクラブから、案内メールが届きました。
e0256814_14275739.jpg
「いよいよご出発は5日後となりました。準備はお済みですか?」

そして、予約してあるのはコンチネンタル航空CO078便。

それなのにメールに書かれてる便名が、UA078の表示 ヽ(^。^)ノアリャアリャ

そうだ、思い出しました。
ANAと同じスターアライアンスに加盟していたコンチネンタル航空、2012年3月3日、ユナイテッド航空と完全に合併し、コンチネンタル航空のブランドが幕を閉じたんだっけ ( ̄Д ̄;) ガーン
e0256814_14325388.jpg
成田ニューワーク空港間の使用機材は、このBoeing 777-200。
こんな感じに外観が変わっているのでしょう!!

そのメールにもう一つ重要なことが書かれてました。
米国へは、ビザ免除っていうことしか頭になかったんだけど、その場合、電子渡航認証(ESTA)の取得が必要なんですって、知らなかった。
これが無い場合、渡米できません、なんて書いてあるから、びびりました。
 ∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!

まあ、よくよく調べてみると、申請していない人の為に、成田空港でも準備できるらしいんで、そんなにビックリすることは無いんだが、しかし、知ってるのと知らないのでは、ねぇ!
個人旅行の場合は、いろいろとアンテナを張ってないとダメですね!
e0256814_14441420.gif
2009年1月12日から義務化され、短期商用・観光等の90日以内の滞在目的で渡米する際には、ビザは免除だが、この渡航認証は必須なので、要注意。

ANAさん、とても勉強になり、そして、空港でバタバタすることも無くなって、感謝でございます <(_ _*)> アリガトォ
[PR]
by yujigeorge | 2012-05-17 15:17 |

NYCの予習 (1)

いよいよ、NYへの旅が来週に迫って参りました (⌒-⌒)ニコニコ...
e0256814_1302467.jpg
前回NYに行ったのは、もう、10年以上前のこと!
あれから9.11とか、いろんな事があって、かなり変化したのでしょう Σ(・口・)

そんなわけで、いろいろと予習中ですが、今は、インターネット時代。
色々な情報をネット経由で収集できるのは、とてもありがたいことです。

このexblog内にも、NYに関する素敵なサイトが沢山あって、私のblog開始のきっかけになったshackinba2さんからの飛びで、おで毛ぇ~さんSweet Lifeさんなどなど、とても役に立ってます。

とりあえず、JAZZ好きとしては、LIVEをチェック。
e0256814_1382683.jpg
BIRDLANDの日曜夜、Arturo O'Farrill Afro Latin Jazz Orchestra
メンバーは、ラテン~ジャズ界のセッション・プレイヤー総勢15人のプレイヤーから成り、各人でもリーダー作を持つ名手揃い、NYのバードランドに毎日曜日15年も出演しているバンドだ。とりあえず予約してみた。
e0256814_13243559.jpg
それから、IRIDIUMに出演のOz Noyというイスラエル生まれのギタリスト。
e0256814_13253178.jpg
あまり、日本では知られていませんが、トリオでの出演で、バックの二人を見て(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!、これはこれは!!
Dave Weckl & Will Leeという、超スーパーなドラマー&ベーシスト。
e0256814_1316535.jpg
これは、行かねばなるまい、とヽ(*^^*)ノ

他のクラブもチェックですが、毎晩は行けないし、出演者にもよるしで、予習が続く!

それから、NYへ行ったら、やっぱりBroadwayのミュージカルには行かねば!!

選考基準は、英語が良く理解できなくても楽しめるもの、内容を知っているもの、しかも、明るく、楽しく、ハッピーになれるもの。

それだったら、これですかね、映画ヒットしましたもんね (⌒-⌒)ニコニコ...  
e0256814_132741.jpg
そして、これもですね、Sister Act

そうです、これは1992年の大ヒット映画「天使にラブソングを」のオリジナルタイトルで、これを見てゴスペルファンが増えた、と言ってもいいかもしれません!
e0256814_13231878.jpg
事前予約だと結構割安になるんですが、しかし、いい席が取れたらいいな、と祈ってるところです ヽ(=´▽`=)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-05-15 13:53 |

2010年11月 バンコクへの旅(9) アユタヤ観光③ マハタート寺院

さて、最後に、アユタヤ最大の見所、過去、ビルマに略奪された悲しい歴史を物語るマハタート寺院です。
e0256814_9351984.jpg
この写真は、菩提樹で包まれた仏頭で、これでアユタヤが有名になった、と言っても過言ではないそうです。
何となく、物悲しいですね (w_-; ウゥ・・
でも、どうしてこうなったのでしょうか (・_・?)
e0256814_1552487.jpg
これが全体像でして、多くの観光客が、柵で囲われた中にある仏頭を撮ってました!
右から2番目のポールの上にその横顔がありますね。
e0256814_9472760.jpg
ここには、頭のない仏像がずらーと並んでいます。

どうやら、本体全部略奪するのは重量もあって大変なので、頭部だけを勝利の記念品として持ち去った、と言うことのようです
e0256814_951160.jpg
e0256814_9535145.jpg
すべての、と言っていいほどの仏像の頭がありません。
しかし、近年になって復元されてと思われる仏像が2体だけあり、これがその一つです。
e0256814_9585940.jpg
体の部分に比べて、頭部が新しい感じがしますね ( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
e0256814_1032515.jpg
e0256814_1035455.jpg
これらの壊された?崩れてたり、傾いたりしている建造物を見て歩いていると、何となく、心寂しい気持ちになってきます (w_-; ウゥ・・

さて、これで、マハタート寺院ともお別れ、バンコク市内へ帰りましょう \(^▽^)/
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-20 15:18 |

2010年11月 バンコクへの旅(8) アユタヤ観光② ヤイチャイモンコン寺院

今度は、「チェディ」と呼ばれるスリランカ式の仏塔が有名なこのヤイチャイモンコン寺院にやってきました。
e0256814_17122654.jpg
この寺院は16世紀に、スリランカから帰った僧侶の為につくられた寺院だとか。
もっと近づいてみます!
e0256814_17162312.jpg
温和な顔立ちですね (o^∇^o)ノ
この仏塔の裏側にも仏像が着座しておりました。
e0256814_1724217.jpg

そして、ここにも涅槃像があります。
e0256814_17191911.jpg
e0256814_1719371.jpg
ワット・ポー程ではありませんが、それでも結構な大きさ、しかも、屋外です!
多くの現地の方々が、それぞれの想いで、お祈りを捧げてました。

さて、菩提樹に包まれた仏頭で有名なマハタート寺院で最後になります!
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-18 17:35 |

2010年11月 バンコクへの旅(7) アユタヤ観光① ワット・プラ・シー・サンペット寺院

バンコクにて来たら、少し離れてるったって、やっぱり、世界遺産で有名なアユタヤ観光は外せません。

バンコクから80km、行く方法は、色々ありますが、今回は、車&ガイドをチャーターして、行ってまいりました。

では、バンコクから、高速道路をひた走り!!
e0256814_17233141.jpg
ガイドさんは、タイ女性でしたが、日本語ペラペラ (^▽^)/
e0256814_17252573.jpg
始めに訪れたのは、ここ!
e0256814_17271292.jpg
1350年から417年間続いたアユタヤ王朝時代の後半、最盛期には3千人を超える日本人が居住していたといわれ、居住しながら貿易を営んでいた日本人に与えられた「居留地」の跡地です。

石碑に彫ってある文字はよく見ると 「アユチヤ日本人町の跡」 となってます。
アユチヤ   ( ̄ー ̄?).....??アレ??
アユタヤじゃないのかい、って思うでしょう。
アユタヤをアユチヤと聞き間違えて、こんな石碑が建てられた、って本当なのでしょうか  (゚ー゚*?)オヨ?

さて、それでは、タイトルのワット・プラ・シー・サンペット寺院へ
e0256814_1935723.jpg
ちょうど、お坊さんが入って行くところでした。
これは、王室の守護寺院。
このお寺に、総重量171kgの黄金に覆われた仏像が建立されたものの、ビルマに侵略された際に跡形も無く破壊されてしまったそうです。
アユタヤー中期の15世紀に建てられた3基のチェディだけが現在も残っていて、静かに並び立っています。
e0256814_1991549.jpg
ビルマに破壊された様子が残ってます。
e0256814_1995670.jpg
ここには、3人の王様の遺骨が納められているそうです。
e0256814_19112964.jpg
e0256814_19125341.jpg
これは、新しく建てられたお寺です。
e0256814_19145811.jpg
この中には、壊された黄金の仏像を偲ぶかのように、巨大な金(金色)の仏像が奉られています。
e0256814_19155336.jpg
このお寺の入り口付近では、現地の大勢の子供たちが、みやげ物を持参し、日本人に対しての売込攻勢が凄かった (ノ◇≦。) ビェーン!!
e0256814_19284592.jpg
そんな戦いがあったことなど、全く無縁のように、ワンちゃん親子がのんびりと、お休み中でした (=TェT=) ゥワーン
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-17 19:33 |

コンラッド ニューヨーク 開業

来月ニューヨーク(NY)へ旅立つ、って以前のブログで書いましたよね。
NYというより、マンハッタンの旅、って言った方が正しいかもですが(・・。)ゞ テヘ

宿泊についは、今書いてる最中のバンコクでも、ソウルでも、そうだったように、ヒルトン会員の私は、NYでも当然ヒルトンに予約してあります。

NYには、ヒルトンと名のつくのが4,5軒あるんですが、私が今回予約したのは、ブロードウェイに程近い、ニューヨーク・ヒルトン。
地下には、H.I.Sの支店があったり、オプショナルツアーの集合場所になったりしているホテルで、外観はご覧の通りの超大型のホテル。
e0256814_1464090.jpg
このホテルの向かいには、ニューヨーク近代美術館(MOMA)、ラジオシティ・ミュージックホール、ロックフェラーセンターなどあり、マンハッタンのミッドタウン人気エリアに出かけるには、最適のホテルです。

今回は、このホテルにズーット、お泊まりのつもりでした!!

私の大のお気に入りshackinbabyさんのblogで首記タイトルの記事を読むまでは!!


このshackinbabyさんのblogから勝手に引用させていただくと、次のように書かれてます。

つい先日ニューヨークのロワー・マンハッタンのバッテリ-パークに「コンラッド・ニューヨーク」を開業、「コンラッド」の名前を冠したアメリカでは4番目のホテルになりました。

外観はこれ
e0256814_14235592.jpg
そこで、私なりに、色々と検索してみました。
ヒルトン・ワールドワイドのプレスリリースでのホテル紹介文が次。

 コンラッドニューヨークは洗練された旅行者、目の肥えたビジネス客や、新鮮で魅力的なおもてなしとスタイリッシュな環境を求めるニューヨーカーを迎えるべく、ニューヨークの活気あるバッテリーパークシティに3月19日オープン致しました。
 ヒルトン・ワールドワイドのグローバル高級ブランドである、コンラッド・ホテルズ&リゾーツのニューヨーク初進出となります。ハドソン川沿いに16階建でそびえたち、463室全てがスイートルーム仕様になっております。


洗練された、目の肥えた、でもないけど、しかし新し物好きの私としましては、NYヒルトンだけじゃなくって、真新しいCONRADにも泊まりたい (≡^∇^≡)ニャハハ
となってしまいました (゚д゚)(。_。)ウン!
e0256814_1428489.jpg
e0256814_1428571.jpg
スイートルーム仕様のお部屋も写真で見る限り、かなり素晴らしそうです。

そして、一番気になったのが、ホテルの屋上バー「ルーピー・ドゥーピー(Loopy Doopy)」の記事です。
ここは、春から秋(5月~10月)にかけて季節限定で開店し、自由の女神・エリス島・ニューヨーク湾と壮大なハドソン川を180度見渡せる絶景の中で、小皿料理や洗練されたカクテルを提供致します、と!

来月は、5月ですよね、バッチリ開業中じゃないですか!

ミッドタウンのヒルトン泊の場合は、ハーレム、セントラルパーク、メトロポリタン美術館、ブロードウェイ、MOMAなどなどを、そして、コンラッドなら、自由の女神、グランドゼロ、ウォール街、リトルイタリー、中華街、ソーホーなど、基点を2箇所にするのも、なかなかのアイディアかなと、自己満足。
e0256814_1458148.jpg
早速、今朝、ヒルトンに電話をして色々と相談!
宿泊順としては、低いから高い、下から上へ、同様に、HILTONからCONRADと行きたかったんですが、価格を調べてもらったら、逆のCONRAD~HILTONのほうが、どちらのホテルの設定も安いんです、どういった訳なのか?
そうなると、細かいことは言ってられません、当然ながら、お安い方で決めました (⌒-⌒)ニコニコ...
まあ、そう言っても、いくらオープニング・レートで格安のCONRAD価格でも、HILTONから比べると、1泊$100以上にUPになってしまいますけどね、まあ、致し方ないですよね、スイートルーム仕様なんですから (●⌒∇⌒●)
しかも、私の人生でのNY旅は、最後かもですし ヽ(^◇^*)/ ワーイ

今回、コンチネンタル航空なんで、ニューアーク・リバティー国際空港に着陸。
ここから、ニュージャージー・トランジットの電車とパストレインを利用してのマンハッタンのWTCまで行き、そこからのCONRAD入りを考えております。

NYへの楽しみが更に増えました 。o@(^-^)@o。ニコッ♪
e0256814_15115961.jpg

[PR]
by yujigeorge | 2012-04-16 15:25 |

2010年11月 バンコクへの旅(6) ワット・ポー

寺院観光、エメラルド寺院の次は、学問の地として有名なワット・ポー!

1793年にアユタヤ時代から存在していた寺院の建物を現在の地に再建したワット・ポーは、寺院としての役割と共に、医学や芸術といった学問所としても栄えてきた、とのことです。

そして、ワット・ポーと言って思い浮かぶのは、皆さん御存知黄金の巨大な涅槃仏!
e0256814_10143620.jpg
かなりの大きさでして、真下から、お顔を拝見!

とても優しいお顔立ち (⌒-⌒)ニコニコ...

全体を眺めると、こんなに大きな体で、寝そべってます ヽ(*^^*)ノ

長さ49メートル、高さ12メートル、と巨大  (ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン
e0256814_10171727.jpg
でも、とっても長い間、寝そべっていられるんでしょうから、右手首が、相当に痺れてんじゃないかな ≧(´▽`)≦アハハハ

今度は、足下から覗いてみます。
e0256814_1020192.jpg
足の指の数は、我等、人間と同じ、5本ですね (*゚▽゚)ノ
でも、足指の裏に綺麗な指紋がありますね、3渦づつ (*゚▽゚)ノ

ぺったんこの偏平足は、悟りを開いた者のしるしなんですって。

しかも、足の裏には真珠貝を使っての何やら、模様が (゚ー゚*?)オヨ?
e0256814_10251066.jpg
この大きな足の裏には、仏教と深い関わりを持つバラモン教の宇宙観が、108の絵で表されているんだって!

日本の除夜の鐘も煩悩の数108を祓う、だったよね (^▽^)/

仏教では、108と言う数は重要なんですな ヽ(*^^*)ノ
e0256814_15361152.jpg
さて、これは裏側、背中側になるんですね!

そして、この右側の柱の後ろに、又してもこの数字、108の鉢が並んでます。

人の持つ108の煩悩を捨てる鉢だそうです o(*^▽^*)o~♪
e0256814_15471211.jpg
アルミの入れ物に入ったサタン硬貨を購入し、それをずーと手前から順々に鉢の中に落としていくのです。
サタン硬貨はここでは煩悩の象徴だとか。
硬貨が鉢に入れられた時に響き渡る音は、煩悩が消えていく音だとか (゚ペ)?

サタンというのは、タイ・バーツ以下のお金の単位、日本でいうと、円以下にあたる、今は無き銭硬貨です。

私も周りの方々の真似をしてやってきましたが、しかし、そんなに簡単に捨てられるんでしょうかね、煩悩って ヽ(~~~ )ノ ハテ?

それよりも、煩悩って、そもそも、何なのかが、解ってないからなぁ~~~
   ヾ(@~▽~@)ノほへぇ?

調べてみましょうかね、煩悩 ヾ(@~▽~@)ノ

でも難しそう~~ ?チンプン?ヽ(゚◇。)ノ?カンプン?
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-12 16:10 |

2010年11月 バンコクへの旅(5) エメラルド寺院

バンコクと言えば、寺院、と言う位沢山のお寺がありますが、まずは、タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院であるワット・プラケオ(エメラルド寺院)へ行って参りました。
e0256814_10394774.jpg
シャトルボートから見た、寺院の全体の模様です。
この日は、平日にも拘らず、チケット売り場まで、参拝客と観光客でごった返しておりました。
e0256814_10412419.jpg
入口門をくぐって奥に入ると服装チェックがあります。
短パン、ミニスカート、タンクトップ、キャミソール、足元もビーサンやミュール、サンダルなどでは入場できません。
e0256814_10433891.jpg
入場料は、お一人様350バーツ、毎日オープン、8:30~3:30と表示されてます。
日本円だと、¥900程度でしょうか、結構な金額です。

しかし、これは一昨年の料金。

最新情報によると、場料は一人400B(2011年8月現在) だそうで、更に上がって、¥1,000程度ですね (ノ△・。)

では、中の金色の艶やかな建造物をどうぞ!!
e0256814_10482932.jpg
e0256814_10485975.jpg
e0256814_10492283.jpg
e0256814_1049432.jpg
e0256814_10511949.jpg
e0256814_10513893.jpg
e0256814_10515653.jpg
そして、次は回廊の絵。
これは東南アジア一帯で知られている「ラーマーヤナー」と言うある物語を絵にしたものだそうです。
e0256814_11105470.jpg

e0256814_1111263.jpg
e0256814_11114938.jpg
とても丁寧に、細やかに、美しく描かれております。

そして、いよいよ、本堂。
e0256814_1112458.jpg
ここに入るには、靴を脱がなければなりません。
本堂の中にはこの国でもっとも重要な仏像である「エメラルド仏」が鎮座しています。
エメラルドと言われていますが、実際は翡翠で出来ているそうです。
中は撮影禁止、と言うことでしたので、写真は入口だけ。

まあ、凄い人、人、人です!

流石に、バンコクで一番の寺院だけのことはありますね!!
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-11 11:21 |

2010年11月 バンコクへの旅(4) バンコク市内へぶらり

ホテル前からシャトルボートで船着場(サトーンピアー)まで行きます。
e0256814_1512494.jpg
船がやってきました、乗り込みましょう。
e0256814_1521377.jpg
船のCAPTIN名が椅子の後ろに掛かれてますが、なんて書いてあるか、チンプンカンプン、ですね (;^_^A アセアセ・・・
あっ、英文字で書かれてるから、何となく読めますね!
Suwat Patiphatteenan 船長です!
e0256814_15131085.jpg
同乗の方々。
美女らしき方がいますね  (・・。)ゞ テヘ
小さい船でも、しっかりと救命具が乗せてあります!
e0256814_15154951.jpg
濁った川の水ですが、臭いがするほどではありませんねぇ!
e0256814_1518260.jpg
e0256814_15182227.jpg
ホテルから、10分程度で、サトーンピアーの船着場に到着です。
この写真の左側の階段が付いている高架橋のようなもの、これがスカイトレインの線路になります。
e0256814_15232534.jpg
船着場の石製の椅子でワンちゃんがのんびりとお休み中 (~△~) ネム・・・
e0256814_1525411.jpg
スカイトレインの様子ですが、日本と変わりないですね!
違いと言えば、通路の真ん中にポールが立っている事位でしょうか?
日本のより、こっちの方が、使いやすいかも (゚ー゚*?)オヨ?
e0256814_15281581.jpg
市内の道路は、車、車、車、ですねぇ!
e0256814_15294157.jpg
ここは、お祈りを捧げる場所なんですが、市内のど真中にあって、多くの市民が集ってます。
e0256814_15312423.jpg
バンコクナンバー1のパワースポット「エラワン祠(ほこら)」という名称で、BTS Chit Lom(チットロム)駅のすぐそば、Gaysorn Plaza(ゲイソンプラザ)の向かいにあります。
ネット情報より・・・ここには、ヒンズー教の三大神のひとつ、四つの顔を持つブラフマー神が祀られているのですが、この神様のご利益がすごいと大評判! なんでも商売繁盛から恋愛成就、宝くじの当選なんて願いまで、とにかくどんな願い事を叶えてくれるそうで、タイで最も信頼されている神様なんだとか!途切れることのない参拝客が願い成就の証明・・・だとのことです。
この時は、そんな場所とは知らずに写真を撮ったのですが、願い事してくれば良かった、と言っても、後の祭り (/□≦、)エーン!!
e0256814_1540935.jpg
奥の建屋内では「奉納の舞」と呼ばれる、願いを叶えてくれたお礼に奉納する踊り、が執り行われておりました。
e0256814_15402972.jpg
艶やかな衣装の踊り子さん達がタイ舞踊(?)を披露しております、無料見学出来ますね ニャハハ(*^▽^*)
この跪いてる男性、どんな願いが叶ったんでしょうかね、興味津々 o(^-^)o ワクワクッ
e0256814_15482691.jpg
最後に、ちょっと、伊勢丹デパート、冷やかしていきますかね 。o@(^-^)@o。ニコッ♪
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-09 15:59 |

2010年11月 バンコクへの旅(3) ミレニアム・ヒルトン・バンコクのプール

ミレニアム・ヒルトン・バンコクには、インフィニティプールと名づけられたプールが、フィットネスセンターと同じ4階にあります。

プールといっても、都会のホテルですから、当然のことながら、リゾートホテルのプールとは趣が異なります。

このプールは、プール本来の目的である泳ぐとか、水浴びとかいう行為をする場所ではなく、

チャオ・プラヤ川を見下ろす素晴らしい景色を眺めながら都会の喧騒を忘れ至福のひとときを過ごす場所

のような定義 (・_・?) となるでしょうか?
e0256814_15444769.jpg
ご覧様に、プールサイドのデッキチェア・・・じゃありませんね、オンザプールのデッキチェアですね、それに寝そべって、うたた寝や、読書や、日光浴したりしています。
ほとんどが、欧米人の方々!
e0256814_15491310.jpg
私は、高所恐怖症ですから、こんなガラスサッシ間近のデッキチェアには、絶対近づきませんが、でも、何とも、不思議な感じの風景です。

真ん中に見える金髪のビキニ姿の女性は、片手で本を持ち、覗き込むようにしながら、読書中 ヽ(*^^*)ノ

私はと言えば、この後ろ側にある、日陰の椅子でごろごろしてました。
e0256814_15533654.jpg
余り良く撮れてないですが、この写真から、後ろ側の様子を垣間見ることが出来ます。
この右手前にあるリクライニングシートがそれで、このシートの周りは、真っ白な砂を敷き詰めてありましたっけ (o^∇^o)ノ

ここで、カクテルを飲みながら、スナック食べながら、Ipadで遊びながら、前述の規定の様に、数時間過ごしていたっけ \(o⌒∇⌒o)/
[PR]
by yujigeorge | 2012-04-06 16:17 |