Georgeさんのぐうたら日記


by yujigeorge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

音楽
ワンにゃん
美味い物
SPORTS
雑感
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

フォロー中のブログ

借金君の「くう・ねる・あそぶ」
回遊魚系ツーリストのハワ...

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ちょっとだけ料理(*^-^)ニコ

あるスペインバルでご馳走になった熱々のアヒージョがとっても好きになり、じゃあ、チョイと、挑戦してみようかな、ということで、自作に挑戦してみました。
で、その前に、ウィキペディアでアヒージョを検索!
-----------
アヒージョ(西: ajillo) はスペイン料理の代表的なタパス。
にんにくの香りを移したオリーブオイルで煮込んだ料理。
スペインでの一般家庭やバールでカスエラにて出され素材となる物は海老、エスカルゴ、マッシュルーム、チキン、砂肝、牡蠣、いわし、たらなど多種多様である。
オリーブオイルはバケットを付けて食べるのが一般的である。
-----------
という事なんですが、今回はマッシュルームと私の大好きなタコで作ってみました。
そして重要なアイテム、バケットも当然入手!
オリーブオイルと、にんにく、唐辛子、塩、そして今回はバジルを少々入れてみました。
フライパンでおおよそ作り、この容器に移し替えてオーブンで更に加熱。
グツグツになったものを、フーフー言いながら頂きました。
e0256814_11344617.jpg
しかし、まあ、簡単に出来る割には、バケットを二人で完食してしまうほど、とても美味しく出来上がりました(⌒-⌒)ニコニコ...

この時同時に次の2つを追加。
これはマグロのカルパッチョ、上にはタップリの青野菜、ドレッシングは、オリーブオイルとバルサミコ、塩コショウ、という簡単なもの!
e0256814_11515257.jpg
そして、もう一品が、アボガドステーキ。
塩をまぶしたアボガドをオリーブオイルで焼いただけのもの。
これも単純なんだけど、しかし、ワインのお供には最高です(*゚▽゚)ノ
e0256814_11584574.jpg
すべてが、オリーブオイル満載のものばかり、結構なカロリーかも(o^∇^o)ノ
でも、まあ、美味しいから許す・・・以後、アヒージョには凝りだし、エビなどの魚介類をいろいろと試し中です!

そして、別日に、魚の開きに挑戦!
とりあえず王道のアジの開き。
5時間の干しでしたから、軽い感じの干し加減で少々生感があって、朝食には最高でした。
e0256814_1255825.jpg
そして、これが、なんといっても、開きの王様、と私は思っているもの。
それは、目光という、とてもお安いお魚で、一般的には唐揚げや丸干しで食するんですが、ある小料理屋さんで目光の開きを頂いたら、まあ、その美味さといったら、言葉で表現するのは難しい。
とても口当たりは、軽くってパリパリなんですが、この魚に蓄えられている脂分が何とも素晴らしいんです。
あまり作業が大変なので、一般的なお店では、開いたりしませんがね。

そのお店の大将に作り方を教わりまして、作ったのがこれです。
e0256814_126560.jpg
なかなかの出来でして(・∀・)とても美味しくいただきました。
が、これを開くのはかなり大変な作業です。
出刃包丁を使って、ウロコを取り、目玉を抉り、開いて、内蔵を削除し、エラも取り、最後に歯ブラシ等を使って、外側に付着しているノロなどを綺麗に洗い、塩水プラスお酒の液に30分ほど浸し、干物用籠に入れて干す。
30匹に2時間程度かかりました(ノ◇≦。) ビェーン!!
終わったら、腰が、そして目眩がヾ(@^(∞)^@)ノわはは

日本酒のお供には最高でした  。o@(^-^)@o。ニコッ♪

まだ、この他にも、烏賊とかカレイとか、いろいろと、”開き”に挑戦中。
生焼きも美味しいですけど、一夜干しは、更に味が凝縮してるようで、嵌ってます。

この寒い時期には、水が冷たいけど、これからも、頑張るぞ~~ヾ(=^▽^=)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2013-01-29 12:30 | 美味い物

2012 冬の台北(4) 台北市内観光

年が明けてしまってるのに、久しぶりの更新です((^┰^))ゞ テヘヘ
e0256814_15295631.jpg
翌日の朝食は、ホテル1階のレストランにて頂きました。
洋食、中華、和食ありのまあ、普通の感じです。
e0256814_15321332.jpg
まあ、私は、こんな感じの洋食系でまとめてみました。

さて、市内観光の一番目は、台北と言ったら必須(^O^)の忠烈祠(ちゅうれつし)
e0256814_15382129.jpg
忠烈祠とは、次のような説明がなされてます。
-------
政府が国家の祭典を行い、忠義の精神を表彰し、国のために殉難した烈士を追悼するところ。
1945年第二次世界大戦終戦後、植民地時代の日本の神道信仰の痕跡をなくすため名称を「護国神社」から「忠烈祠」と改めました。
現在の忠烈祠は、1969年に故宮の大和殿を模して建設されたものです。
祭られているのは、辛亥革命(中華民国開国革命といわれる)や抗日戦争などで国のために斃れた約33万人の英霊です。
また、1990年代以降になると、SARSで殉職した医師や看護婦、殉職した警察官や消防士も祭られるようになりました。
-------
まあ、日本の「靖国神社」的な存在なのですが、どうして、靖国参拝が近隣から批判されるのか??不思議ですがね。

生憎この日は雨でしたが、ここでの必見、衛兵交代を見てきました。
e0256814_15433520.jpg
忠烈祠を守るこの衛兵たち、実は陸軍、海軍、空軍の三軍から選び抜かれたエリート兵で、4ヶ月ごとに変わるのだそうです。
e0256814_1547786.jpg
e0256814_15473151.jpg
e0256814_15475765.jpg
そしてこの姿勢で、この台の上で1時間、微動だにせず、警護するのです。
朝9時から始まり、1時間ごとに交代式を見ることができます。
e0256814_15502530.jpg
朝から凄い数の観光客でした(^_^)ニコニコ

さて、続いては、もう一つの必見場所、世界一の中国美術工芸コレクションとして名高い国立故宮博物院!
e0256814_15555069.jpg
ここは撮影禁止でして、取れるのは、ここだけ!
e0256814_15565635.jpg
ここで、最も有名なのが、「肉形石」と「翠玉白菜」
この2つを見ずにして故宮を去るなかれ、と言われてるとか(^▽^)/
e0256814_1602277.jpg
e0256814_1611070.jpg
超芸術品でして、物凄いお客さんですので、ゆっくりも見ていられない状態。
この写真は、ネット上から頂戴したものです!

まあ、石なのに、おいしそうな赤身と脂身の混じったお肉、そして、天然の翡翠と玉の混ざり具合を巧みに利用した繊細な彫刻で、翠玉巧彫の最高傑作と言われているそうですヾ(@~▽~@)ノ

ここでお昼になりましたので、昼食会場へ・・・・!!
[PR]
by yujigeorge | 2013-01-17 17:22 |