Georgeさんのぐうたら日記


by yujigeorge

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

音楽
ワンにゃん
美味い物
SPORTS
雑感
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

フォロー中のブログ

借金君の「くう・ねる・あそぶ」
回遊魚系ツーリストのハワ...

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧

<   2012年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

2012年3月 厳冬のソウル(11) ソウル市内から仁川空港まで

さて、いよいよ、この旅行も大詰めに近づいて参りました。

ホテルから、仁川空港までは、来た時同様、ソウル駅まで歩き、そこから空港鉄道 A’REXで空港まで行こうと思ってました、チェックアウトするまでは。
しかも、帰りは、ケチしないで、13,800KRWの特急利用で、と ニャハハ(*^▽^*)

では、チェックアウトを!
e0256814_16192041.jpg
エグゼクティブ・ルーム宿泊者は、このエグゼクティブ・ラウンジ入口にあるこのデスクで、チェックイン、チェックアウトをすることが出来ます。
チェックアウトするその時に、係りの女性からこの様に言われました。
「空港バスのチケットは、如何いたしますか?」と。

いや、空港鉄道 A’REX利用で、と話したところ、
「仁川空港でしたら、バス利用の方がちょっと高いですけど、ホテル前までバスが来ますので、ソウル駅まで歩かなくって済みますし、その方がお勧めですよ」って!

なるほど、それもそうだと、駅まで歩くの大変だなと思っていた矢先でしたから、すぐ納得。
片道15,000KRWのKAL BUSチケットを購入しました。
チョッと高いといっても、1,200KRWですから、90円程度です。
しかも、このバス、30分間隔でホテル前に迎えに来るので、とても便利ということが、解りました。
e0256814_16502325.jpg
このバスが、それです。
KALと表示されて例のマークも入っていますから、KOREAN AIRが経営してるんでしょう?!
しかし、乗車するのは、どこの航空会社を利用してるか、なんてことは無関係でして、誰でも利用できます。

さて、乗車して驚きました ((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ
e0256814_16365741.jpg
この大型バス、乗車人数、なんと、25名です w(゚o゚)w オオー!
横に3席、9列、荷物置きがあるので、その人数になるのです。
飛行機だと、ビジネスクラス状態ですね ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!
リクライニングさせると、かなり平らな位置まで倒せますので、空港までの小一時間、ゆったりと過ごせます。
e0256814_16424822.jpg
これが、最後列座席のシートです。
e0256814_16444840.jpg
このモニュメントが見えるとなると、そろそろ空港が近くなって参りました。
ホテル前で乗車して、4箇所の停車場所、それから高速道路をひた走り、50分程度経過したでしょうか?!
ゆったり出来て、とても、快適快適 v(。・・。)イエッ♪

次回から、仁川空港利用の場合は、行き帰り共、このバスを利用しようと思った次第です。
e0256814_17235143.jpg
下車しまして、荷物を出してもらってます。

いよいよ、今回のソウルの旅も、間もなく終わりです (ノω・、) ウゥ・・・
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-29 17:03 |

連休利用の海外ツアー料金って (・_・?)

海外旅行に限らず、平日に行けるのだったら何も気にすることはないのだが、週末や、連休を利用しての旅行となると、確保も大変、料金も高い、ってことになってしまう訳です。 (w_-; ウゥ・・

しかし、事業所単位の旅行となると、その様なことは解っていても、連休を利用しての旅行になることが多いですね。

我事業所でも、今年の10月の連休を使って、ソウルへ行こうか、と言う話になり、私が調査することになりました。
e0256814_1001442.jpg
とりあえず、ここが一番お安い旅行を規格しているだろう、と思われる旅行会社・H●Sで調査開始。
しかし、10月連休のツアーはまだ、発表になってないので、試しに、7月14日から16日の連休を利用した旅行で、比較することにしましょう。

この3日間のH●Sのパッケージ旅行の、最安値は、69,800円 ※燃油込み
7/14(土) 成田(19:00)発→空路ソウル(仁川)へ。
7/16(月) ソウル:仁川(09:00)→空路、帰国の途へ
利用ホテル 【ソウル】 エコノミークラスホテル

こんな感じで、行きは、夜便、帰りは朝便、宿泊は、何処かの安いホテルなんでしょうね (/_<) ナケルネェ
連休だから、そんなに安くないけど、工程が、結構辛いですね (w_-; ウゥ・・

それでは、私が考えている、こんな条件で検索。
航空会社はANA、行き午前から昼頃、帰り午後、ホテルは、ミレニアムヒルトンで、3日間。

検索結果、ありました、ありました。

昼・夜プラン・フリーから選べる滞在!
全日空で行くソウル3日間 ミレニアムヒルトンに滞在。
出発日 2012年07月14日 旅行代金 127,000円
7/14(土) NH6971 東京(成田)→ソウル(仁川) 10:55→13:25
7/16(月) NH908 ソウル(仁川)→東京(成田) 14:15→16:35
部屋は2人、3人での利用、食事回数 なし 、とあります。
e0256814_1014456.jpg
かなりな金額ですね (ノ´▽`)ノオオオオッ♪

さて、今度は、個人手配での場合をどうなるか?

ANAのサイトで同条件のフライトを検索
7/14(土) NH6971 東京(成田)→ソウル(仁川) 10:55→13:25
7/16(月) NH908 ソウル(仁川)→東京(成田) 14:15→16:35
この便の代金、運賃(燃油特別付加運賃・航空保険特別料金含む)43,000円 税金・料金等 4,640円で、合計47,640円。
但し、今日現在、行きのNH6971は3席しか空いてませんが (・vv・) ハニャ???

次にホテル。
MILLENNIUM SEOUL HILTONのWEBサイトから、料金をチェック。
7/14から2泊、ツインデラックスルーム利用だと、1泊1部屋 23,356円。
1部屋を2人で2泊利用となると、1人当たりは、1泊料金の、23,356円
税サービス料21%をプラスすると、28、260円
e0256814_10472891.jpg
エアー料金とホテル代金の合計は、47,640+28,260=75,900円
これに、空港とホテルの往復バス代10,000KRW×2=20,000WRW (1,450円)をプラスしても、総合計、77,350円ですね。

さてまとめ 
1) H●Sのパッケージ旅行の、最安値は、69,800円
2) H●Sのパッケージ旅行の、ミレニアムヒルトンに滞在、127,000円
3) 2)と同条件で個人手配の場合、77,350円

さて、どうしましょ ???r(・x・。)アレ???
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-28 11:01 |

2012年3月 厳冬のソウル(10) ミレニアム・ソウル・ヒルトン エグゼクティブキング

今回のミレニアム・ソウル・ヒルトンでの部屋ですが、UPGRADEしてもらってエグゼクティブルームへ宿泊しましたので、チョイとご紹介。
e0256814_1193365.jpg
この20階廊下の絨毯ですが、何かの花模様なんでしょうか?
う~~~、センス的には、微妙ですね (・・∂) アレ?

部屋ですが、大きさ的には、スタンダードと全く変わりませんが、調度品が異なるようです。
ここではデラックスツインと呼んでいる、スタンダードなツインは、こんな感じ。
e0256814_11145974.jpg
そして、これがエグゼクティブダブルのベッド周り
e0256814_11262627.jpg
チョイと雰囲気が違いますよね。
次にデスクとソファー類。
e0256814_1127513.jpg
このデスクならお仕事もしっかり出来ますね (^_^)ニコニコ
e0256814_11281371.jpg
そして、テーブルには、お決まりのチョイとしたメッセージとお決まりのチョコレートが (⌒-⌒)ニコニコ...
e0256814_1135677.jpg
バスルームは、いたって普通の感じです。
e0256814_11415756.jpg
シャワートイレが付いているのが、なんとも良いです (^_^)ニコニコ
これも、エグゼクティブだからですね。
e0256814_11434488.jpg
テーブル上のシャンプーとかのアメニティーですが、アメリカの高級スキンケアサロンで広く使用され、モデルやハリウッド・スターを始め、クリントン元大統領までがこぞって愛用しているらしい、ピーター・トーマス・ロス/Peter Thomas Rothの製品。

私には、違いが良く解りませんが (・vv・) ハニャ???
e0256814_11471282.jpg
さてさて、部屋の窓からのソウルタワー方面の夜景を見ながら、軽く一杯、行きますかね (=^~^)o∀ウィー

   。o@(^-^)@o。ニコッ♪
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-27 11:57 |

•2012年3月 厳冬のソウル(9) チジミ屋さん

さて、いよいよ、ソウルの旅も終盤戦。

最後の夜は、何を食べようかな、と (・_・?)

行ったのは、やはり南大門市場、その中にあるチジミ屋さんです。
(8)で紹介したコムタンスープ屋さんから程近いところにある、お店です。
最初の交差点を、左折して、少し歩いて右手の革製品屋の隣です。
e0256814_16225481.jpg
なんて名前だったか、帰りに聞いたんだけど、当たってるかどうか (゚ー゚*?)オヨ?
  「スーミネピンデッタ」
と、この店の叔父さんが言ってた様な (゚ー゚*?)オヨ?

南大門市場を歩いている日本人らしい男の人には、必ずといっていいほど、
  「ニセモノどう?社長」
っと言った誘いが、かなりの頻度であります。
そんなかなり日本語を自由に操る呼び込みオッサンに、聞いたんです。
  「この市場でチジミの美味しいところ、教えてよ、食べたら来るから」
ってね。
それで、教えてもらったのが、この店。

入口看板にも書いてありますが、超リーズナブルなお店でして、結構な人気店です。
この日、1階のテーブル席は満席でして、2階に通されました。
e0256814_16321076.jpg
この、店の奥のかなり急な階段を、靴を脱いで上がらせられまして ; ̄ロ ̄)!!

2階席って、これです  ( ̄▽ ̄;)!!ガーン
e0256814_16342678.jpg
普通の大きさ、天井の高さに見えますが、実は屋根裏部屋でして、私が真っ直ぐ立つと、というか、立てません (w_-; ウゥ・・

天井が低いので、中腰で移動です ニャハハ(*^▽^*)

この写真は帰りに撮影したのですが、入った時には、奥二つのテーブルには、既にお客さんが座って食事してましたので、このお店、一席しか、空いていなかったことになりますよね。
凄いでしょ (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-  
まあ、私が自慢することでもありませんが。

さて、注文ですが、お店の方は全員、全く日本語ダメです。
その為か、壁のメニューには、日本語が書き添えられてます。
e0256814_16444310.jpg
で、注文するのには、このメニューを指差して、です!!
でも、お安いでしょう (⌒-⌒)ニコニコ...

さて、今回お願いしたのは、まず、冷凍スケソウダラのチジミ5,000KRW(約¥350)
e0256814_16484868.jpg
結構脂ぎってるけど、まあ致し方ない、でもビールには、バッチリでした。

そして、オジンオ・デチムって書いてある、茹でイカ&辛みそ、です!6,000KRW(約¥420)
e0256814_16504896.jpg
それに、ノックトゥヒンデトクを注文。
海鮮チジミって、聞いたと思います、たぶん (・_・?)6,000KRW(約¥420)
e0256814_16533973.jpg
当然、マッコリも必需品3,000KRW(約¥210)
e0256814_16551141.jpg
(6) で紹介した、ミョンドンの那度香(ナドヒャン)では、全く同じこのマッコリが5,000KRWだったから、半値近いですね ヽ(*^^*)ノ

これらを肴に、ビールとマッコリで、お腹いっぱいになりました。

ので、食事までは、手が出ませんでした ( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ
トックラーメン3,000KRWって、インスタントラーメンですよね、これ行きたかったんですが、残念 (/□≦、)エーン!!
でも、大声での韓国語が飛び交うお店で、韓国を満喫した夕食でした (o^∇^o)ノ


あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-26 17:08 |

里美の常陸秋そば ヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

今朝、テレ朝の旅サラダを見てましたら、伊吹吾郎さんが九州熊本にて、美味しそうに蕎麦を食しておりまして、その映像に大いなる刺激を受け、本日のランチは蕎麦に決定。
では、何処がいいかな、と (・vv・) ハニャ???

この辺りで美味しい蕎麦、と言ったら、そうだ、里美のあの店だ Let's GO!!!
e0256814_14133199.jpg
国道349号を北上、道の駅「さとみ」を通過。
e0256814_1417791.jpg
で、この「里美中入口」交差点を左にはいり、ちょいと進むと、左手にこの看板。
e0256814_14182695.jpg
そうです、ここ、うぐいすの里、に到着。
ここは、リンゴ園もあって、美味しい手打ち常陸秋そばを頂けます。
e0256814_1421224.jpg
このように、ふじ、ジョナゴールド、新世界と言った種類のりんごの木が沢山!
もう収穫は終わってるので枝だけでしたがね (o^∇^o)ノ

さてお店は、この奥!
e0256814_1424786.jpg
駐車場側からのお店風景。
店の脇のせせらぎが静かに聞こえてます。
e0256814_14252521.jpg
お店に入ると、まあ、本当に田舎の食堂、って感じですね (*´∇`*)
千客万来 (*'-'*)エヘヘ
e0256814_14275567.jpg
さてさて、注文は、少し春めいて来たし、ざる蕎麦で。
それに、てんぷらを付けますから、まあ、所謂天ざる蕎麦ですわね ヾ(=^▽^=)ノ
まずは、蕎麦
e0256814_1430129.jpg
打ちたて、茹でたてで、ピカピカのつるっつる ヾ(=^▽^=)ノ
二八蕎麦です!
美味い美味い うふ♪(* ̄ー ̄)v
あっ、写真は、大盛にカスマイズしたものですので、かなり多いです (*゚▽゚)ノ

ここの蕎麦は、この店で自家栽培したそばを、機械式石臼で挽いてるとのこと。
e0256814_14325855.jpg
これが入口脇にあった、そば粉の製作部屋ですね ヾ(=^▽^=)ノ

次が、てんぷら うふ♪(* ̄ー ̄)v
e0256814_14362744.jpg
ここのは、山間部ですから、すべてが野菜の天麩羅です。
本日は、舞茸、ふきのとう、椎茸、なす、たまねぎ、そして、サツマイモ、でした。
毎日揚げているのでしょう、もう、油なんか一滴も付いてない感じの、かりっかりのパリッパリのサクッサク!
美味い~~~~!
なかなか、家庭では、こうは行きませんね o(*^▽^*)oエヘヘ!
完食後は蕎麦湯、といきますかね!!
e0256814_14414899.jpg
このステンレス容器の中に蕎麦湯が入ってまして、ご自由にどうぞ、と言う訳。
しかも、電気保温式になってるので、熱々、です!
これが、また、美味い。
何度もお替りしてしまいまして、お腹、パンパン!
御代をお支払いして、帰ろうとすると、これが (*゚▽゚)ノ
e0256814_1444383.jpg
なんと、100%のりんごジュース。
ここのリンゴ園で収穫したりんごで、りんごとして出荷できないものだけを使って作った100%リンゴジュースです、とおば様の説明がありました。
瓶入りで買ったら、結構するよね (*゚▽゚)ノ
飲み放題、フリーです うふ♪(* ̄ー ̄)v
お腹一杯でも、やっぱり、ご馳走にならないと、ね (o^-^o) ウフッ

さて、店を出てみると、お店で飼ってるのでしょ、ヤギさんが愛嬌をふりまいておりました (* ̄∇ ̄*)メエメエ
e0256814_1456680.jpg
さて、お腹一杯ですので、居眠り運転に中止して帰路に着きますかね (=v=)ムフフ♪

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-24 15:03 | 美味い物

2012年3月 厳冬のソウル(8) 牛テールスープ(コリトマッ)

ミレニアム・ソウル・ヒルトンの正面玄関を出て、前の大きな通りを左進み、その下りの坂道を7,800m下っていくと、南大門が見えてきます。
e0256814_1645177.jpg
国宝南大門は、2008年に放火による火災で全焼してしまい、その火災の模様は、当時日本でも放送され、大騒ぎでしたよね。
現在、このクリーム色の建物内での復旧工事中でして、2012年と言うから、今年ですね、完全復活するそうですから、復活後に再度訪韓ですな (⌒-⌒)ニコニコ...

ここをもう少し歩くと、南大門市場が右手に現れてきます。
ゲート7番、8番が見えますが、其処はスルー。
e0256814_16523789.jpg
もう少し行くと1番ゲートの門柱が見えます。
で、ここは、南大門市場の1番ゲートからみた市場風景。
ここを真っ直ぐ進んでいくと、両側のお店の中央に露天のお店とかが、こんな感じに並んでます。
e0256814_16542622.jpg
このチョッと先に、最初の大きな十字路があります。
その十字路から10m程度でしょうか、手前の右側の細い路地がこれ。
e0256814_1657291.jpg
チョイと、やばそうな雰囲気ですが、ぜんぜん大丈夫 (≧∇≦)b OK
ここから20m位進むと、右手に、お目当てのお店を発見です。
e0256814_1659265.jpg
全部ハングルなんで、ナンとも (・vv・) ハニャ??? ですが、お店の名前は、そのものずばり、南大門(チンジュチッ)、だそうです。
そう書いてあるんですかね (・_・?)

店内は、4人がけのテーブルが10位ありましたでしょうか?
厨房を覗くとこんな感じです。
e0256814_1774456.jpg
女性だけの職場ですね (o^∇^o)ノ
さて、ここは韓国のTVでも紹介され、又日本のTVでも紹介されてたらしく、その画像が壁に張られてるのが見えますね。
日本のTVでの紹介資料を大きくするとこれでして、その当時からすると。値段はダイブ上がってますね (w_-; ウゥ・・
e0256814_1713332.jpg
さてさて、牛テールスープが来る前に、キムチとスープ用のニラにんにくタレが、配膳されます。
まあ、これは、こちらでは、当然と言えば当然ですよね。
e0256814_17182510.jpg
あっ、外は明るいけど、やっぱし、hiteビールも必要ですわね (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
このスープって、コムタンスープっても言うのですよね、コリコム湯スープって、TV紹介でされてるからね。
注文して、4,5分で、やって参りました。
e0256814_17215018.jpg
写真ではよく解りませんが、超グツグツ、煮だってます (ノ´▽`)ノオオオオッ♪
注意が必要ですよ、これは ヾ(@~▽~@)ノ

そういった訳で、この中に入っている2個のテール、ひとつずつお皿に取り出しまして、フォークと箸で、肉を骨から剥がす、って言うか、むしり取る、と言うか、食べやすくする為に頑張る訳です。
e0256814_17261374.jpg
そして、取れたお肉と、先ほどあった、ニラにんにくタレを乗せて、ムシャムシャ、するんです (* ̄O)◇ゞ
e0256814_17394710.jpg
いや~~ん、美味い、美味い U\(●~▽~●)Уイェーイ!
美味いなんてもんじゃ、ありやせんよ U\(●~▽~●)Уイェーイ!

チョイと値段(19000KRW)は高いですは、しかし、これなら、仕方ない、と思っちゃいます。
まあ、日本で食べたら、1300円位じゃ、ぜんぜん無理ですものね ♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

後半戦には、スープを塩コショウで味を調えてから、ついてるご飯を入れると、これまた最高 ヾ(@^▽^@)ノ
e0256814_17371751.jpg
美味い、としか、言いようがありませんな ヾ(@^▽^@)ノ
ソウルに行ったら、絶対にこの店は、外せなくなりました。
次回も、行くぞ~~  o(@^◇^@)oワクワク

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-22 17:46 |

2012年3月 厳冬のソウル(7) ミレニアム・ソウル・ヒルトン 朝食

ヒルトン・クラブラウンジでの朝食です。
e0256814_1034303.jpg
既にテーブルセッティングは完了してますし、もう、結構、多くの皆さんが食事中です。
e0256814_10354636.jpg
ほとんど白人の方々でして、ゆっくり食事しながら会話を楽しんでいる様子。

さて、取ってまいりますか、始めに野菜などを。
e0256814_10374521.jpg
奥には各種ジュースと下の冷蔵庫には、コーラ等の炭酸飲料と紙パック入りミルク等が入ってます。
e0256814_10395745.jpg
前菜は野菜にサーモンとハムも乗せてと。
e0256814_1046844.jpg
このパット類には、ソーセージとかの焼き物と煮物、チャーハンなどが入っておりました。
そして、本日のメインには、チーズ&オニオン・オムレツをオーダー!
e0256814_10422362.jpg
サイドには、ベーコンとポテト、豆の炒め物を。
e0256814_10444224.jpg
それに、パン類とバター&蜂蜜。
食事中の飲物は、コーヒーをミルクを戴きました。
ちなみに、こっちは前日のもの。
e0256814_10521659.jpg
まあ、いずれにしても、朝から結構食べますわね、私 (*⌒∇⌒*)テヘ♪
食後は、紅茶を戴きながら、IPADでニュースチェック!
e0256814_10534312.jpg
この部屋は、無線WIFIが設置されているのでネット接続もスイスイです。
クラブルームでも無線WIFIが利用できるので、とても便利です。
ヒルトンHオナーズ会員ですと、この食事も部屋でのネット接続料も無料となっていて、本当に嬉しい限りです。

そうそう、昨年ここへ来た時、チェックアウト時に請求明細を良く見ていなくて、帰ってから何気に見たら、その部屋でのネット接続料が請求されていたのに気付いたんですね。
だもんで、その旨、このホテルに、注意して・・なんて英語翻訳サイトを使って、eメールをしましたら、即返答があって、誤請求分を私のクレジットカード宛てに返却します、と。
その後、確かに戻ってきまして、流石にHILTONかなと感心したことを思い出しました。

まあ1日1~2000円位でしたけども、金額じゃなくて、そういった細やかな対応が、リピートに繋がるんでしょうね (゚∇^d) グッ!!

チョッとこの場合とは違うかも (・・∂) アレ? ですが、何だか、こんな格言が思い浮かびました。

  「人の振り見て我が振り直せ」  (゚ー゚)(。_。)ウンウン
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-21 11:19 |

足利散策

先日、仕事関連の会議が栃木県の足利商工会議所でありまして、終了後、初めての足利市内を散策。
この足利商工会議所は、なんでも足利銀行の初期の社屋を買い取ったとか。
e0256814_20441153.jpg
金庫室も改装して絵の展示がしてあったりと、なかなか面白いです。

さて、始めに訪れたのは、足利学校。
e0256814_2046753.jpg
これが入り口。
今日はここが、「全国論語素読の集い」の会場になっていて、それに参加する着飾ったお嬢さん達が丁度入っていくところでした。
足利学校は「日本最古の学校」「日本最古の総合大学」などと言われている様です。
詳しくお知りになりたい方は、サイトで

さて、¥400の参観料を支払って入っていくと、正門が待ち構えてます。
学校と、昔の文字で右から左へ書かれてますね。
e0256814_2115899.jpg
この門のちょっと先に興味を引く松の木がありまして、あっ、門の右上にちょっと見えますね。
説明看板には「字降松」と書いてあって、これで「かなふりまつ」と読むそうです。
e0256814_2165028.jpg
何でも、学生が読めない文字に出会った時に、それを紙に書いてこの松に貼り付けておくと、当時の校長さんであった和尚さんが、ふり仮名や注釈を書いてくれたので、この名前が付いたと。
それを聞きつけ、町の人たちにまで広まったとか。
当時の学生と先生の心温まる足利の伝説だそうです。

この先には、「孔子廟」なるものがあります。
e0256814_21171290.jpg
儒学の祖の孔子を祭る廟です。

そして再建した萱葺き屋根の学校棟。
e0256814_21222861.jpg
忠実に再現したそうです。
別角度から。
e0256814_21242962.jpg
しっかり勉強できそうな環境ですね。

そして、これは別棟の学生寮内部で、この部屋と同じものが4部屋の長屋形式の建屋です。
e0256814_21324249.jpg

建屋の周りにはいろいろな樹木がありますが、開花している寒紅梅。
e0256814_21374587.jpg
綺麗ですね。

次に訪れたのは、学校から程近い「鑁阿寺」(バンアジ)
e0256814_21431389.jpg
このお寺と学校周辺は、石畳み通りになってまして、風情があります。
これが本堂。
e0256814_21512174.jpg
本堂となりにある天然記念物の樹齢550年の大銀杏。
e0256814_21531820.jpg
そして、ここにも寒紅梅が。
e0256814_21544091.jpg
足利市は、人口15.5万人の地方都市。
やはり、地方都市の抱える問題なのか、シャッターを下ろしている店舗が目立つようでしたね。
ただ最近、北関東自動車道路の足利ICが開通したことで、更に観光客が増えるのでは、と期待してるとか。

これで散策終了。
60分間のブラブラでした!!
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-20 22:06 |

国営ひたち海浜公園

相変わらず地震があるけど、少しずつ春めいてきた感じで、気分が明るくなってきた感があるこの頃。

少し春を感じてみようと、ひたちなかの海浜公園に行ってまいりました。
そろそろ、何かお花が開き始まってるかな、と、うちのワン共と散歩しながらです!!
e0256814_10291456.jpg
黒ラブの「力蔵君」8歳、ゴールデンの「大助君」6歳。モチどちらも男の子です。
ここは、一番海側の入口、海浜口・風のゲートという所から入って直ぐのところ。
まずは記念撮影 (* ̄▽ ̄*)ノ"

今日はここへ行って見る事に
e0256814_1035566.jpg
そうです、スイセンファンタジーまで、丁度散歩には良い距離です。

とことこ歩ってると、こんな乗り物が。
e0256814_10374767.jpg
シーサイドトレイン、と言う名称だそうで、一日中、ぐるぐる走ってまして、何度も遭遇いたしました!

田舎家を再現でしょうか、大きな鯉のぼりがゆったりと風に乗って泳いでおりました。
e0256814_1044557.jpg

さてさて、お目当てのスイセンガーデンに到着。
なんでも、ここには、100万本のスイセンをカーペットのように敷き詰めるんだって。
まだまだ、少ししか咲いてませんでしたが、それが満開になったら、かなり綺麗なんでしょうね!
種類も70種類位のスイセンを植え込むらしく、流石、国営ですな!
e0256814_1050836.jpg
まずは、大助くんとスイセン!!まだ、もう少しかな o(^o^)o ワクワク

こっちは、菜の花と力蔵君 (^_^)ニコニコ
e0256814_10505072.jpg
綺麗に咲いてますね!!

西口・翼のゲートを入って目の前にある野外ステージを、裏側から撮影。
e0256814_10562576.jpg
昔、このステージでJAZZの大物達の演奏を聞いたことを思い出しました。
あの頃そんなに飲酒運転なんて厳しくなかったから `s(・'・;) エートォ... クーラーボックスにワインをタンと冷やしこんできて、芝生の上で食べながら飲みながら、ご機嫌サウンドを楽しんだっけなあ。
でも、JAZZじゃ、集客が難しかったのか、今は、ロックフェスになっちゃったからねぇ (=゚ω゚)ボー

さて、12時を回ると、お腹の具合が何だか (・_・?) と言うことで、近くのスターバックスに、行って参りました。
そして、頼んだのは、これ ホホホ!(^O^)
e0256814_113529.jpg
トールサイズ・ラベンダーアールグレイ・ソイ・ティーラテ・エキストラホット・ライトシロップ
我娘の一番お気に入りのスタバ@No.1カスタマイズ
ラベンダーの香りがほんのりとしてて、とても美味しく戴きました。
そして、今日のランチは、春野菜のホットドッグです。
e0256814_1175233.jpg
ゆったりとして参りました。
帰りにはお持ち帰りで、チーズケーキを御購入してきました o(*^▽^*)o~♪

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-19 11:20 | ワンにゃん

絶品・モツ鍋

私の街で今一番お気に入りの和食の小料理屋さんをご紹介します (⌒-⌒)ニコニコ...

このお店は、カウンター6席、座卓席3卓の、決して大きくないお店でして、素敵な御夫婦が切り盛りをされているお店です。

ここのマスターは、材料についても、仕込み、調理法にしても、かなり、こだわりがあるようでして (・_・?) そのお陰でですよ、とても美味しい料理を戴くことができます。

まずは、本日の突き出しから
e0256814_16234819.jpg
お聞きしてないので正確に書けませんが、左から、いかのミソ和え、おひたし、ダシ巻き卵。
飲み始めには、十分なものばかり。

そして、次に、お豆腐です。
e0256814_16293657.jpg
これは、この店自家製のものでして、まあ、お豆の甘味といいますか、旨みといいますか、十分に堪能できます。
始めは、スプーンですくって、お塩をチョッとつけて戴きます。
そして、私は、大の醤油好きなので、その後半分は、お醤油で (*⌒∇⌒*)
う~~~、美味い!!

さて、次は、今日のお造りです。
いろいろあったのですが、金目鯛と生蛸をお願いしてみました。
e0256814_1634447.jpg
それが、大正解!
この金目鯛、見てください。
金目鯛というと、煮付けとかはよく口にしますが、刺身で、と言うのは珍しいですよね。

見た目の色といい、艶といい、姿だけで美味しそうです、が、食べてみたら、まあ、最高!!
もちろんマグロのトロとは質が違いますが、しかし、程よく脂が乗っていて、口に入れた瞬間に甘さが広がるんです。
美味い美味い、お酒が捗りますわねぇ~~!

次は、野菜、野菜も取らないとね (≡^∇^≡)ニャハハ
e0256814_16443112.jpg
で、これは、ママさんお勧めの茹でアスパラガス!
いや~~、これにも (⌒▽⌒;) オッドロキー
まず見て解るように、このアスパラかなりの太さですよね。
そして、茹で方もあるのでしょうが、素材の良さもあるんでしょう、かなりしっかりしているのに柔らかい、って変な表現ですが、上のほうも、下の通常は固いところも、やっぱり野菜本来の甘みがあって、とても美味しいんです。
こだわり野菜、美味い!!

で、最後が、タイトルのモツ鍋。
これは、もう、なんというか、まずこの辺りでは、というより、モツ鍋として超最高級、と言っても過言ではないものです。
福岡からのお客さんが、地元でもこんな美味しいのは食べれない、って言ったほどですから (ノ´▽`)ノオオオオッ♪
e0256814_16521571.jpg
まあ、これ見ても、モツ鍋かどうかは、解りませんよね ((^┰^))ゞ テヘヘ
ニラキャベツ鍋としか ニャハハ(*^▽^*)

この野菜の下に、絶品モツが入っております。
まあ、食べ物については、美味しい美味しい、と言葉や文章でいくら言っても、どんなにインターネットが発達しても、匂いとか味とかまでは、伝えられませんもんね
 ポリポリ (・・*)ゞ

しかし、モツがあまり得意でない方も、この鍋でしたら食することが出来ると思います。

さて、この鍋、食べ終わった後に、ご飯かラーメンかを入れて、〆を作っていただけます。
今回は、というか、私はいつも、ご飯ですがね ( ̄∇+ ̄)vキラーン

余りの嬉しさに写真を撮る前にスプーンを入れてしまったので、余り綺麗ではありませんが、でも、載せます。
e0256814_1701638.jpg
これは、マジに  ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ  ヤバヤバです

お店の名前は楽山(らくざん)
もし機会があったら、是非に  ((o(^-^)o))わくわく

あ~あぁ~~~、美味しかった ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-16 17:15 | 美味い物