Georgeさんのぐうたら日記


by yujigeorge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

音楽
ワンにゃん
美味い物
SPORTS
雑感
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

フォロー中のブログ

借金君の「くう・ねる・あそぶ」
回遊魚系ツーリストのハワ...

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧

カテゴリ:旅( 231 )

2012年3月 厳冬のソウル(7) ミレニアム・ソウル・ヒルトン 朝食

ヒルトン・クラブラウンジでの朝食です。
e0256814_1034303.jpg
既にテーブルセッティングは完了してますし、もう、結構、多くの皆さんが食事中です。
e0256814_10354636.jpg
ほとんど白人の方々でして、ゆっくり食事しながら会話を楽しんでいる様子。

さて、取ってまいりますか、始めに野菜などを。
e0256814_10374521.jpg
奥には各種ジュースと下の冷蔵庫には、コーラ等の炭酸飲料と紙パック入りミルク等が入ってます。
e0256814_10395745.jpg
前菜は野菜にサーモンとハムも乗せてと。
e0256814_1046844.jpg
このパット類には、ソーセージとかの焼き物と煮物、チャーハンなどが入っておりました。
そして、本日のメインには、チーズ&オニオン・オムレツをオーダー!
e0256814_10422362.jpg
サイドには、ベーコンとポテト、豆の炒め物を。
e0256814_10444224.jpg
それに、パン類とバター&蜂蜜。
食事中の飲物は、コーヒーをミルクを戴きました。
ちなみに、こっちは前日のもの。
e0256814_10521659.jpg
まあ、いずれにしても、朝から結構食べますわね、私 (*⌒∇⌒*)テヘ♪
食後は、紅茶を戴きながら、IPADでニュースチェック!
e0256814_10534312.jpg
この部屋は、無線WIFIが設置されているのでネット接続もスイスイです。
クラブルームでも無線WIFIが利用できるので、とても便利です。
ヒルトンHオナーズ会員ですと、この食事も部屋でのネット接続料も無料となっていて、本当に嬉しい限りです。

そうそう、昨年ここへ来た時、チェックアウト時に請求明細を良く見ていなくて、帰ってから何気に見たら、その部屋でのネット接続料が請求されていたのに気付いたんですね。
だもんで、その旨、このホテルに、注意して・・なんて英語翻訳サイトを使って、eメールをしましたら、即返答があって、誤請求分を私のクレジットカード宛てに返却します、と。
その後、確かに戻ってきまして、流石にHILTONかなと感心したことを思い出しました。

まあ1日1~2000円位でしたけども、金額じゃなくて、そういった細やかな対応が、リピートに繋がるんでしょうね (゚∇^d) グッ!!

チョッとこの場合とは違うかも (・・∂) アレ? ですが、何だか、こんな格言が思い浮かびました。

  「人の振り見て我が振り直せ」  (゚ー゚)(。_。)ウンウン
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-21 11:19 |

足利散策

先日、仕事関連の会議が栃木県の足利商工会議所でありまして、終了後、初めての足利市内を散策。
この足利商工会議所は、なんでも足利銀行の初期の社屋を買い取ったとか。
e0256814_20441153.jpg
金庫室も改装して絵の展示がしてあったりと、なかなか面白いです。

さて、始めに訪れたのは、足利学校。
e0256814_2046753.jpg
これが入り口。
今日はここが、「全国論語素読の集い」の会場になっていて、それに参加する着飾ったお嬢さん達が丁度入っていくところでした。
足利学校は「日本最古の学校」「日本最古の総合大学」などと言われている様です。
詳しくお知りになりたい方は、サイトで

さて、¥400の参観料を支払って入っていくと、正門が待ち構えてます。
学校と、昔の文字で右から左へ書かれてますね。
e0256814_2115899.jpg
この門のちょっと先に興味を引く松の木がありまして、あっ、門の右上にちょっと見えますね。
説明看板には「字降松」と書いてあって、これで「かなふりまつ」と読むそうです。
e0256814_2165028.jpg
何でも、学生が読めない文字に出会った時に、それを紙に書いてこの松に貼り付けておくと、当時の校長さんであった和尚さんが、ふり仮名や注釈を書いてくれたので、この名前が付いたと。
それを聞きつけ、町の人たちにまで広まったとか。
当時の学生と先生の心温まる足利の伝説だそうです。

この先には、「孔子廟」なるものがあります。
e0256814_21171290.jpg
儒学の祖の孔子を祭る廟です。

そして再建した萱葺き屋根の学校棟。
e0256814_21222861.jpg
忠実に再現したそうです。
別角度から。
e0256814_21242962.jpg
しっかり勉強できそうな環境ですね。

そして、これは別棟の学生寮内部で、この部屋と同じものが4部屋の長屋形式の建屋です。
e0256814_21324249.jpg

建屋の周りにはいろいろな樹木がありますが、開花している寒紅梅。
e0256814_21374587.jpg
綺麗ですね。

次に訪れたのは、学校から程近い「鑁阿寺」(バンアジ)
e0256814_21431389.jpg
このお寺と学校周辺は、石畳み通りになってまして、風情があります。
これが本堂。
e0256814_21512174.jpg
本堂となりにある天然記念物の樹齢550年の大銀杏。
e0256814_21531820.jpg
そして、ここにも寒紅梅が。
e0256814_21544091.jpg
足利市は、人口15.5万人の地方都市。
やはり、地方都市の抱える問題なのか、シャッターを下ろしている店舗が目立つようでしたね。
ただ最近、北関東自動車道路の足利ICが開通したことで、更に観光客が増えるのでは、と期待してるとか。

これで散策終了。
60分間のブラブラでした!!
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-20 22:06 |

2012年3月 厳冬のソウル(6) 那度香(ナドヒャン)での焼肉

e0256814_1135636.jpg
さて、昨日の続きです。

那度香(ナドヒャン)の店内は、こんな感じで、テーブル席と座敷席があって、100人位入れるのでしょうか?
e0256814_17383313.jpg
満席とまでは行って無かったですが、ほぼ、埋まっておりました!
で、日本人率は、かなり、高かった、です。
お店のお姉さんも、80%以上が日本人かな、と話してましたし。
まあでも、チョッと見には、日本人と韓国人、見分けるのは、中々難しいですけど、話し言葉で確認です (゚ペ)?

さて、今日、お願いした料理は、ですね・・・

はじめに焼肉の王道、甘辛い醤油タレに漬け込んである、骨付き牛カルビ (^^)
e0256814_17411426.jpg
味つきのやわらかい肉で、美味しかった (⌒-⌒)ニコニコ...

次が、チジミ
e0256814_1102269.jpg
野菜や魚介類が入っておりました。

そうそう、これが大事、大事  =*^-^*=にこっ♪
e0256814_1746417.jpg
マッコリです (⌒~⌒)ニッコリ
これ、5000KRW(¥360)、安いですよね!!

お姉さんが、蓋をしたまま、振るんですよ。
下に溜まってるのを、均一にするんですね、でも、炭酸飲料ですから、急に空けたら、噴出しますんで、ゆっくり、蓋の隙間からエアー抜きするように、静かにオープン。

そして、最後に、プルコギ!
e0256814_1750574.jpg
いわゆる、韓国風すき焼き、とでも言いますか、少し甘い味で、野菜ときのこ、そして牛肉。
これら、順番に紹介しましたが、実は、同時進行で食しておりました。
      =*^-^*=にこっ♪

もう一つ、豚の三枚肉(サムギョプサル)も食べたかったんだけど、お腹がいっぱい一杯でした   (w_-; ウゥ・・
e0256814_1801940.jpg
これ、周りのお客さんのほとんどが、特に韓国の方は皆、食べてたんだけど、かなりの厚さの豚肉、油が落ちてくるように、斜めにしてある鉄板の上で焼いてます。
それを、まあ、お馴染みの、お姉さんによるハサミカットをしてもらい、食しておりました。
次回は、挑戦しよう、っと。

まあ、しかし、よく食べました。

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-15 11:10 |

2012年3月 厳冬のソウル(5)  夜の明洞

さて、そろそろ、夕食の時間になりました。

今日の夕食は、ホテル近くの明洞(ミョンドン)で取ることにします。

ソウルミレニアムヒルトンから明洞までは、歩いても10~15分位でしょうか?
まあ、でも、早朝日本を旅立ち、何もしてなくても結構お疲れですので、ケチな私ですが (・・。)ゞ テヘ 今回はタクシーを利用して、行くことにしました。

韓国のタクシーは、一般タクシーと模範タクシーがあって、基本料金から追加料金まで、模範タクシーの方が、倍近くの料金になります。
しかし、その模範タクシーでさえも、日本のタクシー料金の半額以下ですので、とても、お安く感じちゃいます。
これが、一般タクシー
e0256814_17112838.jpg
この黒い車体が模範タクシー
e0256814_17113774.jpg
まあ、料金の差は、見たとおり、車の質も違いますが、そればかりじゃなくって、運転手の質も違いますよね!

ホテルの前に止まっていたのが模範タクシーでしたので、それを利用しました。
それでも明洞までは、ほぼ基本料金にチョッと追加した程度でしたので、5000KRW位、日本円で¥360位でしょうか?
それにしても、お安いですよね =*^-^*=にこっ♪
一般だったら、これの半分です (ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

直ぐに、夜の明洞に到着
e0256814_17151650.jpg
相変わらず、凄い人、人、人!
すれ違うのも大変でした ( ̄Д ̄;;

さて、目指すは、日本人御用達(笑)とでも言いますでしょうか?
明洞のロッテ側の狭い道路沿いにある、焼肉店・那度香(ナドヒャン)です。
その通り沿いには、両替店もあって、混雑しておりました。
e0256814_17181018.jpg
1万円で136,000KRWなら、まあまあ、ですね ヽ(*^^*)ノ

さてさて、ここから20M程度歩くと、お目当ての那度香に到着
e0256814_17225850.jpg

さて、何を!!
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-14 18:19 |

2012年3月 厳冬のソウル(4) ミレニアム・ソウル・ヒルトン Millennium Seoul Hilton

厳冬のソウルというタイトルで始まったこの日記ですが、ソウル駅を出てみると、今朝の日本よりずーと暖かい感じです。
日本よりかなり北にあるので通常でしたらかなり寒いはずですが?

そして、なにやら、異国な音が聞こえてきました w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

ここはもちろん異国ですが、それとは全く違う音色なんです!
e0256814_10553958.jpg
そうです、ペルーの方々でしょうかねぇ!
アンデスの音楽ですね、結構な音量でして、駅前広場を観衆が取り巻いておりました。
私も、暫く足を止め、聞かせて戴きました。

さあ、ここから、少しのお散歩です。

数列あるバスレーンを超え、少し上りの道を歩いて行って、18階建てのビル「Daewoo Foundation Building」の角を右折、其処から、少し急な坂をチョイと行くと、ヒルトンの駐車棟です。
距離は短いのですが、最後の坂が急で、少し息が上がってます (-。-;)

建屋内の駐車場に入って、車道を歩いてエレベーター室へ入り、ML階(=「メインロビー」階ですね)で降りると、其処は、ホテル1階のカジノ入口付近。
e0256814_1494299.jpg
e0256814_11165678.jpg
これは、正面玄関入って直ぐの所からの1枚です。
ここから向かって右手にあるホテルフロントでチェックインです。

今回は、2泊ですが、1泊目は、貯まっていたヒルトンHオナーズのポイントでの無料宿泊、2泊目は、ホテルへ直接リザーブしました。
ここでの名称はデラックスルームとなってますけど、一番安いスタンダードルーム、ルームチャージは、250,000KRW+サービス10%+税金10%ですから、合計302,500KRW、日本円に換算すると22,200円(2012.3.12)となりますね。
まあ、一泊換算すると半分ですから、かなりお安くお泊りできました。
o(〃^▽^〃)o


しかも、私は、ヒルトンHオナーズのゴールドVIPメンバーですので、2泊とも最上階近くのエグゼクティブルームへUPGRADEしていただきました。
(゜ー゜)ニヤリ

 
部屋に荷物を置き、チョッと休憩、シャワーを浴びて、17時30分からのカクテルタイムにあわせて、19階のエグゼクティブラウンジへ。
エグゼクティブラウンジの内部は、こんな感じです。
e0256814_1154864.jpg
エグゼクティブラウンジは、昨年リニューアルしたばかりのようでして、とても綺麗、そして全く同じ施設が21階にもあります。
ホテル最上部にありますので、眺めもよろしいですねえ。
e0256814_11581092.jpg
しかし、カメラアングルが良くないですなぁ、腕を磨かないと ヾ(`◇')ダメッ!

左手のビル群は、ミョンドン近辺ですね?!
e0256814_125276.jpg
エグゼクティブルームに宿泊すると、このエグゼクティブラウンジを、いつでも利用出来ます。
朝食、昼軽食、おやつの時間、カクテルタイム、といずれも無料。
朝食の様子は、次の日記で!

それでは、とりあえず、美味しいものを、シュパッと戴きますかぁ
( ̄∇+ ̄)vキラーン

[PR]
by yujigeorge | 2012-03-12 13:57 |

2012年3月 厳冬のソウル(3) 空港鉄道 A’REXでソウル駅へ

さて、仁川空港からソウル市内まで行く方法は、いくつか選択肢があります。

1)タクシー
2)空港リムジンバス
3)空港鉄道 A’REX

この3つ方法、費用のかかる順に並べました。

1)50,000 ~ 70,000
2)10,000 or 15,000
3) 4,350 or 13,800
いずれもウォン!

今回は、宿泊先がソウル駅前にあると言うこともあって、3)の空港鉄道 A’REXを利用して、行くことにしました。

いや、本当は、ケチだから、で~す  (^ー^)ノ
e0256814_14434015.jpg
空港から長い動く歩道で移動
e0256814_14453423.jpg
するとドーム状の凄い建屋に入っていきます
e0256814_14476100.jpg
なんだか、近未来的な  (⌒▽⌒;) オッドロキー
e0256814_14481962.jpg
もう少し進むと、右側に、Airport Expressなる看板とゲートが見えてきました。
これが、空港鉄道 A’REXの入口になります。

看板の通り、Expressですから、特急電車、すなわち、空港からソウル駅までの直通電車のゲートと、チケット販売機があります。
ここの反対側が、普通車用のゲート。
e0256814_1451238.jpg
こちらの電車は、各駅停車になります。

所要時間は、と言うと、直通が43分、各駅が53分。
各駅は途中9箇所の駅に止まるのに、10分しか違わないのです。

で、最重要事項です、ソウル駅までの直通特急料金は13,800ウォン、それに対し、普通車は、何と、3分の1以下の4,350ウォン(¥317.28//2012.3.9)
(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!

さて、どちらを利用したでしょうか?

ハイ、正解、普通車ですね ブワッハハ!(▼▽▼)人(▼▽▼)ブワッハハ!!

チケットですが、この販売機は、日本で言うところのSUICAみたいなカードに金額をチャージするだけなんですね。
そのカードを何処かコンビニ等で購入といけないみたいでして、販売機は使えませんでした。
購入するのに、ゲート入口近くに窓口があって、あっ、ガラス越しに顔が見えますよね、この駅員さんにソウルまで、と日本語で言って、Single Ticketなるものを購入しました。
e0256814_1515199.jpg
一番深い地下まで潜って電車を待ちます。
e0256814_153307.jpg
これが電車の中ですが、まあ、都内の電車となんら変わらない感じですよね。
まあ、違うのは、乗客がほぼ、韓国の方、という位で、当然ですが  (*^-^)ニコ

それと、車内放送では、韓国語の後に、英語、日本語、中国語、と素晴らしく気が利いております。全く素晴らしい。
たぶん、日本の電車内でも、同様なんでしょうね、気付かないだけで  (・_・?)

53分の乗車時間で、ソウル駅に到着です。
e0256814_1513554.jpg
最新の電車だけあって、到着したのは、一番深いところでした、たぶん、地下7階位だったでしょうか?

凄く長いエスカレーターで地上に出て行きます。
e0256814_1519295.jpg
はーーーい、ソウル駅中央に出て参りました。
さすがにソウル駅、賑わっております。
e0256814_1521116.jpg
裏文字でSeoul Stationと表示されている文字看板の、Seoul の文字の下の黒っぽいビル、これがヒルトンホテルです。
よく見るとHILTONの文字が見えます!

さて、ここから、徒歩で、ホテルまで、頑張って行きますよ  U ̄ー ̄U ニヤリ
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-09 15:43 |

2012年3月 厳冬のソウル(2) 仁川国際空港へ

成田空港を離陸後、30分後程度でしょうか?富士山が  w( ̄o ̄)w オオー!

ソウル行きですから、山梨側からの雪帽子姿です。
まさに、雄姿ですね ヾ(●⌒∇⌒●)ノ
e0256814_17403715.jpg
それから少し経つと、昼食が出てまいりました。
お昼時なので、結構期待していたんですが、ご覧の通り、かなりの軽さ (・ε・)ムー
e0256814_174143.jpg
ワインなんぞを戴いて、食べ始まったんですが、このいなり寿司と巻き寿司、最低!
ヾ(●ε●)ノ”ぶーぶー


だって、ラップで巻いてあったにも拘らず、表面カピカピ!
食えたものじゃありません。
こんなものを、ANAが出すなんて、クレーム入れるしかないね
\(*`∧´)/ ムッキー!!


今、ANAサイトから、クレームとして入れましたヽ(´o`; オイオイ

そうそう、このチケットですが、今回ANA SKY WEBから直接購入しました。
料金は、空港利用税や燃油サーチャージなど、すべて込みで¥33,470
料金明細を見てみると、運賃が¥23,400、税金・料金が¥10,070との表示。

格安チケットやツアーだと、もちろん、もっともっと安いのも出ていますが、帰りの時間が早かったり、燃油サーチャージが含まれてない、などなど、総合すると、そんなに高いチケットでもないのかな、と思ったりもしております ヾ(@°▽°@)ノ

そうこうしている内に、仁川空港に着陸です。
e0256814_10414117.jpg
成田の比べたら、まあ、かなり広くって、新しくって、アジアのハブ空港として競争では、成田も相当苦戦ですわね。

まして、成田の滑走路の真ん中には、まだ変なものが残ってますしねぇ。
もう、いい加減に、止めてもらいたいものです。
e0256814_1047026.jpg
今回、短い旅なんで、バックの中身は、ほんのチョットなんですが、しかし、男でもヘアートニックやらアフターシェーブやら液状の物がありますんで、それらを機内に持ち込みとなると、容量の制限などがあって別容器に、なんて面倒なんで、私の場合いつでも、そのままキャリーバック内に入れ込み、預けてしまいます。
しかし、何も入っていないみたいに、超軽いバックですがね (⌒▽⌒)アハハ


そんなに急いでどうするの、って感じで、ゆるりと、荷物が出てくるのを待ってます
(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ


さて、荷物を無事確保出来ましたんで、ゴロゴロとキャリーバックを転がしながら、空港鉄道 A’REXを利用して、ソウル駅へ向かいますかね!
(((o(^∇^)o)))

[PR]
by yujigeorge | 2012-03-08 11:07 |

2012年3月 厳冬のソウル(1)

厳冬のソウルへ行ってきましたので、ボチボチと御報告!

今回は、ANA利用ですので、成田第一ターミナルからの出発。

私は成田の場合、いつも、ターミナル預け、ターミナル返しの駐車場を利用しておりまして、とても便利にさせて戴いております。
この会社にお世話になって、かれこれ、10年以上?になるでしょうか。
e0256814_11193734.jpg
非常に便利で、お安くって、お気に入りです。
社名はグランドパーキング、お勧めですよ!

さて、車外の傷をチェックをし、料金を支払って、空港内へ!

そうそう、まだ、私の車に傷はありませんよ(笑)

エアーチケットを発券し、荷物を預け、税関に入ろうとしたら、えーー、です!
e0256814_11261036.jpg
ANAのお嬢さんに聞いてみたら、現在毎朝、こんな状態が続いているらしいです。
震災後、海外旅行も、ほぼ、復活した感じですかね?

昨年5月、震災後だったのですが、すべて予約もし、エアーも確保してしまったので、ここ成田空港に来たときには、全くガラガラの状態でしたからね!!

手荷物審査するまでに、20分位、並んだでしょうか。
まあ、本当に、凄い人、人!!
e0256814_11345632.jpg
どのレーンもこの状態でした(泣)

入国審査を完了したら、さあ、もう、旅モードに突入です!

とりあえず、やることと言ったら、これ(笑)
e0256814_1137418.jpg
朝から、ビール&ナッツ!
この後、ハーフ&ハーフも、戴いちゃいました(笑)

それだけでも、ちょっと、物足りないんで!
e0256814_11381710.jpg
何とかいう、サンドイッチ。

今回エコなんでラウンジの利用は当然出来ないんですが、その代りに、クレジットカード会社のラウンジ利用も可能ですけど、まあ、それ程出発まで時間が無いので、ここで、チョロっと、時間つぶし!

さて、そろそろ、アシアナとの共同運航のANA907便での出発です。
e0256814_11504789.jpg
定刻での出発。

今回の機材は、エアバスA320。
全席エコノミーで、3列3列166席の中型飛行機。
e0256814_11563928.jpg
では、行ってまいります!!!
[PR]
by yujigeorge | 2012-03-06 12:01 |

2011年11月 台北(12) 台北最後の晩餐・龍都酒楼

さてさて、これが、今回の台北の旅、最後の日記となりました。

台北最後の晩餐、豪勢に超美味しいもの、と考えたところ、やっぱり、一般的に豪華な中華料理と言えば、やっぱり、北京ダックだろう、と!
では、それで行こうと、探しましたら、ここ台北に、北京式ではなくて、広東式のダックの有名なお店がある、と。

それが、この「龍都酒楼」・・ロンドゥジィォロウ !!
e0256814_157692.jpg
入口も結構煌びやかでして、外見からも高級そうな感じがします。

ダックって、北京と広東、何が違うのかなって思いますよね。
お店の紹介文によると、
「その違いは出てきたダックを見れば一目瞭然。そのつややかなこと美しいかぎり。皮はパリパリとしています。ダックをじっくり炭火であぶってから、最後に高温の油をかけることに秘密があるようです」
ってあるんだけど、北京もそうしないのかな?私には、解りませんが?

このお店は、台北でも超有名、超人気店らしく、特に地元の方が多いのでいつも満員、絶対に予約が必要、と聞いていましたので、台北に到着した日に予約を入れておきました。
口コミを見ると、2,3日前の電話で予約できたのはラッキーであって、旅行前に日本で予約しいかないと中々取れない、と大げさ(?)に書いていた方も居るぐらいだから、相当の人気店らしいです。
e0256814_15285243.jpg
これが、玄関は入って直ぐの店内風景。
まあ、大げさじゃなくって、ざっと見渡したところ、立錐の余地なしの、超満員。
観光客らしき日本人は見当たりませんでした。

予約時間に間に合うようにタクシーで乗りつけたのですが、入口付近の待合用椅子にてお待ち下さい、と10分位待たされたでしょうか?

我々が、案内されたのは、三階のテーブル席でした。
ご覧のように、既に、テーブルセッティングは完了。
e0256814_15371619.jpg
この階も相当な客席数ですが、すべて埋まっておりまして、あちこちで、お姉さまが広東ダックを切り分けておりました。
e0256814_15391382.jpg
さて、われ等のテーブルにも、待望のダックがやって参りました。

まあ、紹介文の様に、本当に色艶がよろしいこと!ゴックン!!
e0256814_15445666.jpg
薄く焼いた小麦粉の皮に、このタレと葱と、ダックを巻いて食べたら、パリッパリッで、ウマ美味ウマ美味!!
e0256814_15452811.jpg
それ程、脂っこくもなく、麦酒や紹興酒と、バッチリの相性です。
e0256814_15494727.jpg
台北に来たら、この広東ダックは、外せない外せない。

台北に来たら、必ず寄らなければならない店、に決定。

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-02-29 15:59 |

2011年11月 台北(11) 台北での甘いお話

今回宿泊しているレススイーツ台北の前、道路を挟んだところにあるショッピングビルに、どうと言うことも無く入ってみることに。
駅前と言うこともあり、いろいろなお店が営業しておりました。

で、甘い物好きの私の目に飛び込んだのは、このお店でした。
e0256814_1922402.jpg
あれ、このお店って、メイドインジャパン、ですよね。
海外にも多く出店してるらしく、特化してる店、というのも、凄いですよね!

で、折角ですから、パイシュークリーム、頂きました。

あ~あぁ~~~、美味しかったヾ(@⌒ー⌒@)ノ
[PR]
by yujigeorge | 2012-02-28 19:27 |