Georgeさんのぐうたら日記


by yujigeorge

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

音楽
ワンにゃん
美味い物
SPORTS
雑感
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 06月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 07月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月

フォロー中のブログ

借金君の「くう・ねる・あそぶ」
回遊魚系ツーリストのハワ...

外部リンク

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
日々の出来事

画像一覧

2012 冬の台北(4) 台北市内観光

年が明けてしまってるのに、久しぶりの更新です((^┰^))ゞ テヘヘ
e0256814_15295631.jpg
翌日の朝食は、ホテル1階のレストランにて頂きました。
洋食、中華、和食ありのまあ、普通の感じです。
e0256814_15321332.jpg
まあ、私は、こんな感じの洋食系でまとめてみました。

さて、市内観光の一番目は、台北と言ったら必須(^O^)の忠烈祠(ちゅうれつし)
e0256814_15382129.jpg
忠烈祠とは、次のような説明がなされてます。
-------
政府が国家の祭典を行い、忠義の精神を表彰し、国のために殉難した烈士を追悼するところ。
1945年第二次世界大戦終戦後、植民地時代の日本の神道信仰の痕跡をなくすため名称を「護国神社」から「忠烈祠」と改めました。
現在の忠烈祠は、1969年に故宮の大和殿を模して建設されたものです。
祭られているのは、辛亥革命(中華民国開国革命といわれる)や抗日戦争などで国のために斃れた約33万人の英霊です。
また、1990年代以降になると、SARSで殉職した医師や看護婦、殉職した警察官や消防士も祭られるようになりました。
-------
まあ、日本の「靖国神社」的な存在なのですが、どうして、靖国参拝が近隣から批判されるのか??不思議ですがね。

生憎この日は雨でしたが、ここでの必見、衛兵交代を見てきました。
e0256814_15433520.jpg
忠烈祠を守るこの衛兵たち、実は陸軍、海軍、空軍の三軍から選び抜かれたエリート兵で、4ヶ月ごとに変わるのだそうです。
e0256814_1547786.jpg
e0256814_15473151.jpg
e0256814_15475765.jpg
そしてこの姿勢で、この台の上で1時間、微動だにせず、警護するのです。
朝9時から始まり、1時間ごとに交代式を見ることができます。
e0256814_15502530.jpg
朝から凄い数の観光客でした(^_^)ニコニコ

さて、続いては、もう一つの必見場所、世界一の中国美術工芸コレクションとして名高い国立故宮博物院!
e0256814_15555069.jpg
ここは撮影禁止でして、取れるのは、ここだけ!
e0256814_15565635.jpg
ここで、最も有名なのが、「肉形石」と「翠玉白菜」
この2つを見ずにして故宮を去るなかれ、と言われてるとか(^▽^)/
e0256814_1602277.jpg
e0256814_1611070.jpg
超芸術品でして、物凄いお客さんですので、ゆっくりも見ていられない状態。
この写真は、ネット上から頂戴したものです!

まあ、石なのに、おいしそうな赤身と脂身の混じったお肉、そして、天然の翡翠と玉の混ざり具合を巧みに利用した繊細な彫刻で、翠玉巧彫の最高傑作と言われているそうですヾ(@~▽~@)ノ

ここでお昼になりましたので、昼食会場へ・・・・!!
[PR]
by yujigeorge | 2013-01-17 17:22 |